スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ島ちょこっと情報

エナスカリのインストラクターyukie氏が

バリ島から帰ってきました

当たり前ですが、バリも暑いらしい

けど今は乾季なので過ごしやすかったみたい


・・・でどうやら9月末でJAL便が撤退するらしく

今後バリに行くのは、ガルーダかシンガポール航空みたい・・


直行で行けるのはガルーダだけになるのかな

私が3年前に乗った時はインドネシア人の乗務員だけだったけど

日本人も乗務するらしい・・・


ガルーダ航空で楽しみなのは、ガルーダ豆。

これはなかなかイケますので


そんで~

バリの物価も年々上がっているみたいですわ~


行くたびに街並みの風景も変わりつつあると嘆いておりました


新しいお店ができるのはいいけど、お気に入りがなくなるのは

ちょっとさびしい気もしますよね~


そんな感じでほんとにちょこっと情報でした


・・・でyukie氏がバリでマッサージオイルを購入してきてくれました


なので9月限定で、バリ島のオイルでマッサージさせていただきます


フランジパニというお花の柔らかな香りで、バリにいる気分を味わってくださいね


ご予約お待ちしておりま~す
スポンサーサイト

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

最終章

またまたすっかりおさぼり気味のエナッエナッです汗;

いよいよバリ、アクシデント生活も最終章となりました。

では、また長い話にお付き合いのほどお願いいたします。


卒業式を終え、ジャパンに向けて荷づくりも完了!

行きは一人でしたが、帰りはラッキーなことに短期でレッスンに来ていた親子と一緒。


ママさんはとても面白いし、娘さんも天真爛漫ちゃんなので

帰りの飛行機も楽しそう~とはしゃいでおりました。


飛行機に乗ると4列並びの席にフランス人のナイスガイのおじさまが

乗ってきて、日本語もペラペーラで、ますます楽しくなりそうと

テンションのあがっていた私でしたポッ

飛行機はG航空会社だったのでジャカルタ経由。


真夜中にジャカルタを飛び立ちいざジャパンへ~

たくさんおしゃべりして、そろそろ寝ますかってことで・・・

寝ようとしたところ・・・

ガタガタガタと揺れだしました。


まあ~そんなのはいつものことなので

その揺れを心地よく感じながら寝ましょとのんきに思っていたところ~


バチバチバチ


・・・と今度は電気がついたり消えたり・・・


そのうち雷がゴロゴロ、雨がザーザーとにぎやかになってきた雨


ピンポンピンポン


今度はなに?????

・・と思った瞬間、飛行機内の電気がすべて消え、

そのとたん~


急降下おちこみ


うぉぉぉぉぉ


さすがにこんなの初めてです。

シートベルトをしていても、お尻があがって・・・・


そしたら~

隣にいた娘ちゃんが泣き叫びだし・・・・

私とママちゃんもすっごく怖いくせに

「大丈夫!大丈夫!」と娘ちゃんを励まし続け・・・


でも心の中では「神様、仏様、お助けください」と祈りつつ・・・・


何分たったのか・・・しばらくすると電気がつき

飛行機も普通に飛行し始めた汗とか


やれやれ~たすかったぁ大泣き

娘ちゃんも安心したのか、落ち着きだし~


私とママちゃんは「こんなの初めてだったよね~あたしゃもうだめかと思ったよ」と言うと

ママちゃんも「わたしも~」と言いつつ、胸をなでおろしたわけです。


そして無事成田空港につきました拍手 パチパチ


無事着いたことをお互いに喜びつつ、成田でお別れし、私は羽田に向かったわけです。


最後の最後までなんてこっちゃと思いつつ・・・・


羽田でちょっと小腹もすいたので飛行機に乗る前にお食事をしてたら~


私が利用したG航空会社の別の飛行機が・・・・・


なんと・・・


数時間前着陸していたジャカルタ空港に・・・・


不時着して炎上しているニュースを見たとたん・・・・


食欲なくなりましたマジですか


自分の乗ってきた飛行機も急降下したことを思い出し・・・・


こんなことになってたかも・・・と思うとぞっとしましたがーん


こうして~

私のバリ、アクシデント生活は終了したわけです。

最後の最後まで・・・


でも、神社でお願いして行ってよかった。

帰ってきて早々にお礼に行きました。


恐るべしえぇ

タロット占い!


以上、長々とご清聴(?)ありがとうございましたぺこり

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

なんてこっちゃ~のお天気&続き

002_convert_20090221131137[1]

今日は猛吹雪がーん

てことで今日の予約はすべてキャンセルとなりました大泣き

まあ~こんな日もあるでしょってことで

昨日の続きをお話しましょにっこり


重い腰をあげた私たちは船に乗り込みました。

最初は写真撮影をしたり

ハイテンションで大盛り上がり笑い。


ところが船が動き始めて5分くらいでしょうか・・・・


だんだん揺れがきつくなってきて


座ってても何かにつかまらないと


飛ばされそうになるくらいjumee☆sweat2Rb


最初はその揺れも楽しんでいたものの

だんだんとその揺れはすごくなり波


ハンパないぞおお状態になってまいりました。


・・・でその中で一人の子があまりのすごい揺れに

パニックになり、慌てて浮袋を膨らましはじめ・・・

そのせいで一気に具合悪くなったらしく・・・


私はその子の手を握りつつ、励ましたりして・・・


そうゆう私はプロが操縦してるわけだから

大丈夫でしょたはーと思っていたのだが・・・


ふと・・・kちゃん(2級船舶も持ってて、海には詳しい人なのだ)を見ると・・・


さっきまで笑ってたkちゃんの表情がマジですか


そしたら船のスタッフやら、ガイドの人たちがザワザワと騒ぎだしたえー


インドネシア語はわからなかったが


その様子からどうやら高波で帰る方向がわからなくなってきているらしく・・・


スタッフ全員が焦り始めていたような気がしたえぇ


そのうちに日が落ちてあたりは暗くなり

ますます方向が分からなくなってきているようで・・・・


もしかして・・・・


これは・・・・


大変なことになってるってこと!?


・・・と今更ながら気がつき


恐怖に耐えつつ、無事着きますようにと願いながら


船から振り落とされないよう必死でつかまっていましたマジですか


いったいどれだけの時間がたったのか・・・・


この恐怖の時間は


通常の時間より長く感じたわけで~


しかも水が船の中にも入ってきたりして~


全身水びたし状態になりながら


なんとか耐えきりましたjumee☆Feel Depressed4


とりあえず無事に海岸近くまでたどり着き


全員船から降りて海の中を歩きながら


岸までたどり着くのもやっとのこと汗あせ


着いたとたん雨が降ってきました雨


無事着いたってことで


とりあえずみんなで絵文字名を入力してください


そこで現地のガイドからの一言・・・・


「僕もこんなにすごいのははじめてだったよ~ホント、だめかと思った」


「しかもあの場面で雨が降ってたら本当に終わってた」


とのこと・・・・


マジ!マジ!


現地ガイドのその言葉に


血の気が引きましたマジですか


生きててよかったねjumee☆faceA76

・・とみんなで生きている喜びに感謝したわけですjumee☆thanks4


バリ滞在、最後の最後は、最大のアクシデント台風


それは数時間の恐怖との戦いでしたがーん



・・・・さて、これで私のアクシデント話も終了かと思いきや・・・・


まだまだあります。


アクシデントjumee☆sweat2Rb


この続きはまた次回ってことで~

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

アクシデント後半戦

さて~

アクシデント話もここから後半戦。


あっ。そうそう。

前回お話した彼のことですが~

私がバリに来たとき、必ず塩を購入するって言ったら

友人の家で塩を作っているらしく

日本に帰る前々日にわざわざホテルに塩を届けてくれました・・・


ほんと・・・いい人なんだよね~アレ以外は・・・jumee☆shy1


さてと・・・

続きいきますか~


マッサージの資格を取得するための講義と試験が終了し、

卒業式を迎えることとなるのだが・・・


卒業式の前日、

バリ生活も最後ってことで

友人たちと海でバーベキューをすることになったビール


私は最後の休日だったが友人たちはまだ講義があったので

終了後(午後3時)にみんなでおでかけしました砂浜


友人Мちゃんが現地で知り合ったガイドにお願いして

小さな島に渡ることになり

小さな船でおでかけにっこり


みんなで大騒ぎしながら

素敵な小さな島につき、海で遊んだあと

バーベキュー肉


・・・とそこへなんだか不思議な集団が・・・

1列に並び、こちらへ歩いてくる・・・・・


しかも正装で・・・・


ガイドに聞くと~

どうやら~

お葬式だったらしく・・・


参列者は海岸に座り、

数人の人が船で沖に出ていく姿を見守る。。。という感じ・・・・


どうやら~

散骨するらしく~


驚きましたえぇ


散骨した海にまた平気で入る私たちも私たちですがたはー


海に入らないと船に乗れないもんで・・・


現地のお葬式なんて滅多に見れるもんじゃありませんから

とても良い経験になりました…とはいえ水着姿ってのもどんなもんでしょ汗;

その後、ガイドがもうそろそろ戻った方がいいという忠告も聞かず、

私たちはいい気になって肉を食べまくり、ビールを飲みまくり絵文字名を入力してください


・・・陽も落ちかけてきたので、やっと重い腰を上げるのだが~


ここからが最強のアクシデントの始まりですマジですか



ここからは次回のお楽しみってことでポッ


テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

またまたバリ人男性に誘惑される

さて~

アクシデント3のはじまりはじまり拍手 パチパチ

事件に巻き込まれ、落ち込んでいた私の救世主Nさんは

前回お話したとおり現地のlow officeの方男性


彼はとてもいい方で、親切に対応してくださいました・・・・


そのうちお互い打ち解けてきて、お互いの話なんかもするようになり、彼も

私の知らないバリのことや今後のこと(お店を出すことを話したりしてたので)

など相談にのってくれたりして笑い。


ところが~


彼と行動を共にするにつれ

だんだん距離が近くなり~

車の中では手を握り始め・・・・


おいおいぞおお

・・と思ったけどいろいろ親切にしてくれてたので

まあっ、手ぐらいは仕方ないかったはーと思ったりして・・・


まあ~そんなこんなで

事件は彼のおかげで解決したのだが・・・・


彼は自分の仕事そっちのけで、私のことを優先して解決してくれたので

食事ぐらいごちそうしなきゃねと思い、別の日に改めてお誘いしました絵文字名を入力してください


地元の人しかいかないレストランに連れてってもらい

ごちそうしました・・・と言ってもすごく安上がりだったのですがにっこり


・・・でそのあと彼のお友達のうちに飲みに行って・・・

ここまでは楽しく過ごせたのですが~


帰りに彼が「海を見に行かないかい?」と言ってきたので

まっい~か~と思い、ついて行くと・・・・


彼は恋人同士のように

寄り添ってきて・・・


「僕の膝の上にすわりなよ」と言ってきました汗;


ここでも

まあ~お世話になったし、ここまでのサービスはありかたはー

・・・と思いつつ・・・


座らせていただきました汗


そのあと

車に乗り、帰るのかと思いきや・・・・

・・・・誘われましたマジですか


さすがに丁重にお断りいたしましたjumee☆sweat2Rb


それ以外はホント、いい人だったんだけど~


そんなわけで~


リゾラバ寸前で事なきを得ましたjumee☆faceA63


これがアクシデントかどうかわかりませんが~


まあ~この時点では、私のアクシデント物語は終了になると思っておりましたが・・・・


このあとも続くのであった汗あせ


それはまた次回ってことでポッ

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。